健康ニュース

健康ニュース詳細

低体温からの脱出方法⑤:入浴(湯船にゆっくりつかり、心と身体を温める)


“楽しいカイロ”くろぬま健康カイロ院・院長の黒沼 隆です。

 

今回は「低体温からの脱出方法」の第5話<最終回>です。

 

◎何度も繰り返して言いますよ!

 

夏は「低体温」「冷え性」を改善するために最適な季節です。
今日から対策をSTARTしましょう!

 

さて最終回の話題は・・・

 

☆☆ ⑤:入浴(湯船にゆっくりつかり、心と身体を温める) ☆☆

 

体温のを手っ取り早く上げる方法、それは「入浴」です。
シャワーだけではダメですよ!
シッカリ湯船にゆっくりつかってください。

 

・何といっても「体温」が上がります。
・身体がリラックスすることで「副交感神経」が優位になります。
・水圧で、血行改善効果・リンパの流れ改善効果が期待できます。
・冷え、むくみの改善効果が期待できます。

 

などなど、心と身体によい事が起こるんです!

 

当院院長(黒沼)は、健康管理士として生活習慣改善をサポートいたします。
ご予約・お問合せは「080-4838-4301」までお電話ください。

 

では、どのような入浴方法が良いのでしようか・・・

 

×:42度以上の熱いお湯に入る
  短時間つかるだけでは身体の芯まで温まりません。
  交感神経が優位になりリラックスできません。
  血管が収縮して血圧が上がります。
  湯冷めしやすくなります。

 

○:38~41度のぬるめのお湯に入る
  湯船にゆっくりつかります(20~30分程度)。
  リラックスすることで副交感神経が優位になります。
  身体の芯まであたたまり、湯冷めしにくくなります。
  大量の汗をかきますので、水分補給が大事です。
  ◎ヒートショック・プロテインが体内生産されることで
   体内修復機能が強化されます。

 

半身浴と全身浴
・半身浴:心臓疾患、呼吸器疾患のある方にお勧めです。
     胸から下を湯船につかる入浴法です。
・全身浴:身体に特段の不調がない方は、こちらがお勧めです。
     心と身体が芯から温まり、リラックスできます。

 

入浴時の注意点・・・
・湯船から出るときは「ゆっくり」立ち上がって出てください。
・シッカリと水分補給を行ってください。
・身体が温かい内に、就寝することをお勧めします。

 

当院にお任せください「生活習慣改善アドバイス&サポート」。
ご予約・お問合せ「080-4838-4301」までお電話ください。

 

身体の不調「肩こり専門・首こり専門」当院にお任せください。
◎「骨盤矯正/調整(産後の方にお勧め)」も専門として対応しています。
健康で幸せな生活を送っていただきたいと・・・
心を込めて全力でサポートいたします。

 

☆当院の紹介映像をご覧ください☆

 

オンラインでの予約(エキテン簡単予約)はこちらから

なお、19:00~22:00は完全予約制となっております。

くろぬま健康カイロ院

住所
〒192-0066
東京都八王子市本町14-6
アクセス
JR八王子駅北口より徒歩10分
いちょうホール前

TEL 080-4838-4301
診療時間 10:00~22:00<19:00~22:00は完全予約制です>
定休日 不定休(土曜・日曜・祝日も診療しております)
代表者名 黒沼 隆

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kc3SET
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る