健康ニュース

健康ニュース詳細

子どもは、スポーツをすることで「背が伸びる」よね?


“楽しいカイロ”くろぬま健康カイロ院・院長の黒沼 隆です。

 

「2ndシーズン:運動」にまつわる「ウソ!」「ホント!」の考察です。

 

第7回は・・・

 

☆☆ 子どもは、スポーツをすることで「背が伸びる」のよね? ☆☆

 

スポーツの選手を思い出してください。
・バレーボールの選手
・バスケツトボールの選手
・水泳の選手
これらの選手は、背の高い方が多いですね。

 

子どもの頃からスポーツをやっているので身長が伸びたのでしょうか?

 

答え:「ホント!」なんです。

 

<解説>
「適度な運動をすることで背が伸びる」といわれています。
また、これは科学的にも実証されているんです。

 

適度な運動をする
 ⇒成長ホルモンの分泌が活発化する
  ⇒骨の形成が早くなる
   ⇒身長が伸びる

 

このような仕組みで「背が伸びる」んですね!

 

えっ・・・!良く分からない・・・
つまり「身長が伸びる = 骨が成長する」なんです。

 

骨は常に、破壊と構築を続けているんです!
・破壊:破骨細胞(はこつさいぼう)
  古くもろい骨を溶かして除去します。

 

・構築:骨芽細胞(こつがさいぼう)
  破壊された跡に、新しい強い骨を作ります。

 

☆☆ 骨端線(こったんせん) ☆☆
骨と骨の間の関節近くに骨端線と呼ばれる軟骨部分があります。
この部分に軟骨細胞が集まり、成長ホルモンの作用で増殖して
層のように積み重なることにより「骨が伸びる」のです。

 

子どもの頃にこの「骨端線」が背を伸ばしてくれます。
残念ですが、大人になると「骨端線」は閉じてしまいます。

 

骨に負荷を掛ける運動が、背を伸ばします。
お勧めは「ジャンプ」です。

 

「ジャンプ」は・・・
・膝に刺激を加える
・その信号が脳に伝わる
・成長ホルモンが分泌される

 

また、睡眠も大事なんです。
成長ホルモンは、熟睡しているときに多く分泌されます。
◎適度な運動が、適度な疲労を生むことで熟睡に繋がります。

 

子どものムリな運動は、ケガ等を誘発して成長ホルモンを修復機能に
使用することとなり、背を伸ばす機能を低下させることとなります。

 

お・わ・か・り・・いただけましたでしょうか?

 

子どもの頃は、適度な運動をすることで身体に刺激を与え、成長ホルモン
の分泌を活性化するので「背が伸びる」に成ります。

 

当院では生活習慣改善へのアドバイスも行っています。
当院への、ご予約・ご質問につきまして、
「080-4838-4301」までお願いいたします。

 

身体の不調「肩こり専門・首こり専門」当院にお任せください。
◎「骨盤矯正/調整(産後の方にお勧め)」も専門として対応しています。
健康で幸せな生活を送っていただきたいと・・・
心を込めて全力でサポートいたします。

 

☆当院の紹介映像をご覧ください☆

オンラインでの予約はこちらから

なお、19:00~22:00は完全予約制となっております。

くろぬま健康カイロ院

住所
〒192-0066
東京都八王子市本町14-6
アクセス
JR八王子駅北口より徒歩10分
いちょうホール前

TEL 080-4838-4301
診療時間 10:00~22:00<19:00~22:00は完全予約制です>
定休日 不定休(土曜・日曜・祝日も診療しております)
代表者名 黒沼 隆

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kc3SET
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る