健康ニュース

健康ニュース詳細

薬物療法で「心の病気」を治療することが基本的なんですよね?


“楽しいカイロ”くろぬま健康カイロ院・院長の黒沼 隆です。

 

第6回以降「カイロプラクター育成プログラム」の話題を取り上げて
きましたため、少しばかり間が開いてしまいました。
———————————————————————–
本日10/29も「<無料>1日勉強会の事前説明&体験施術」開催中です。
是非、ご参加ください。
ご参加予約:080-4838-4301までご連絡ください。
———————————————————————–
「3ndシーズン:ストレス」にまつわる「ウソ!」「ホント!」について考えます。

 

第7回です。

 

☆☆ 薬物療法で「心の病気」を治療することが基本的なんですよね? ☆☆

 

「心の病気」は・・・
・「本人の努力で治す」
・「気の持ちようで治す」
・「時間が全て解決してくれる」
で、良くなるのでしょうか?

 

「心の病気」による・・・
「不安定な気持ち」⇒「安定した健康な気持ち状態」に成るのでしょうか?

 

「心の病気」の治療は、薬物療法が基本的な対応となるのでしょうか?

 

答え:「ホント!」なんです。

 

<解説>
「心の病気」は・・・
・ストレスからの回避
・時間的要因からの改善
これらも、有効なのですが・・・

 

・ストレスの原因が不明
・時間の経過とともに悪化(症状の重症化)
なども、大きな問題となります。

 

そのため「心の病気」治療には「向精神薬」と言われる薬を使用します。

 

「向精神薬」は・・・
・「心の病気」治療薬の総称です。
・精神症状の改善を図ります。
・脳の中枢神経に働きかけることで、精神状態・行動に作用します。
⇒強い不安感/焦燥感/強迫観念/うつ/などの症状を
 緩和・解消する効果があります。

 

このことから・・・
「心の病気」の治療は「薬物療法」が基本的な治療となります。

 

◎薬物療法の「副作用」と「依存性」について
・「副作用」
 使用量により副作用も起こりやすくなります。
 投与量は、薬の効果と副作用のバランスを見ることで対処されています。

 

・「依存性」
 医師の指示により用法・容量を正しく使用することで依存・中毒にはなりません。

 

ポイントは、自己判断せずに医師や薬剤師に相談することが大切です。

 

お・わ・か・り・・いただけましたでしょうか?

 

「心の病気」は、患者さまのお話(悩みや相談)を聞いてあげることや、
ストレスの原因を減らしてあげるなどの対応も有効ですよ。

 

「心の病(やまい)」は、難題ですね!
私:黒沼は、健康管理士としてサポートいたします。

 

身体の「痛い」「つらい」は年齢に関係ございません。
我慢していても良くなりません。

 

当院では生活習慣改善へのアドバイスも行っています。
当院への、ご予約・ご質問につきまして、
「080-4838-4301」までお願いいたします。

 200thプレゼント

身体の不調「肩こり専門・首こり専門」当院にお任せください。
◎「骨盤矯正/調整(産後の方にお勧め)」も専門として対応しています。
健康で幸せな生活を送っていただきたいと・・・
心を込めて全力でサポートいたします。

 

☆当院の紹介映像をご覧ください☆

オンラインでの予約はこちらから

なお、19:00~22:00は完全予約制となっております。

くろぬま健康カイロ院

住所
〒192-0066
東京都八王子市本町14-6
アクセス
JR八王子駅北口より徒歩10分
いちょうホール前

TEL 080-4838-4301
診療時間 10:00~22:00<19:00~22:00は完全予約制です>
定休日 不定休(土曜・日曜・祝日も診療しております)
代表者名 黒沼 隆

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kc3SET
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る