健康ニュース

健康ニュース詳細

“楽しいカイロ”2019年1月の健康情報です②:おせち料理の意味


“楽しいカイロ”くろぬま健康カイロ院・院長の黒沼 隆です。

 

2019年1月の健康情報は「おせち料理の由来と意味」についてお話します。
全2回にてお伝えします。

 

第2回目は・・・
——————————————————–
②:おせち料理の意味
——————————————————–

 

おせち料理の基本は・・・
・祝い肴(いわいざかな)三種、
・煮しめ、
・酢の物、
・焼き物
です。 

 

おせち料理はお正月の神様、年神様に供える料理であり、
家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。
そのため、料理にはひとつひとつおめでたい意味や
いわれがあります。

 

≪祝い肴三種とは・・・≫
正月の祝に欠かせない三種類の料理で、祝い肴と餅を揃えれば
最低限の正月の祝いができるといわれています。
「三つ肴」「三種肴」とも言われ、関東と関西では少し違うよ
うです。

 

三種の内容は・・・
・関東では:「黒豆」「数の子」「田作り」
・関西では:「黒豆」「数の子」「たたきごぼう」
となっています。

 

●黒豆
一年中まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるように
との願いが込められています。

 

●数の子
たくさんの卵を持つ数の子には、子孫繁栄を願う気持ちが
込められています。

 

●田作り
昔はカタクチイワシが田んぼの肥料とされていたことから
豊作を願う意味が込められています。

 

●たたきごぼう
豊作の時に飛んでくると伝えられている黒い瑞鳥(ずいちょう)
に形や色が似ていることから豊作の願いが込められています。

 

そのほかにも「紅白かまぼこ」「栗きんとん」「伊達巻」、
「海老」など、お正月ならではのおめでたい料理が入り、
それぞれの料理に意味が込められています。

 

おせち料理は、栄養バランスや保存性の良さなど、まさに先人の
知恵の結晶といえます。

 

おせち料理の意味を知れば、おせち料理を見る目も、きっと違った
ものになるでしょう。

 

—————————————————-

来年のお正月は、ちょっと知識を披露してみませんか・・・

—————————————————-

 

“楽しいカイロ”院(当院)では「STOP THE 頭痛」を進めています。

頭が痛い、重い、つらい・・・などの症状をお持ちの方にお勧めです!

 

“楽しいカイロ”体感してみましょう!
◎「痛い」「つらい」は、我慢していても良くなりません。
治療(施術)の、ご予約・ご質問は、
・・・「080-4838-4301」までお願いいたします。

 イラスト-頭痛

身体の不調「肩こり専門・首こり専門」当院にお任せください。
◎「骨盤矯正/調整(産後の方にお勧め)」も専門として対応しています。
健康で幸せな生活を送っていただきたいと・・・
心を込めて全力でサポートいたします。

 

☆当院の紹介映像をご覧ください☆

オンラインでの予約はこちらから

なお、19:00~22:00は完全予約制となっております。

くろぬま健康カイロ院

住所
〒192-0066
東京都八王子市本町14-6
アクセス
JR八王子駅北口より徒歩10分
いちょうホール前

TEL 080-4838-4301
診療時間 10:00~22:00<19:00~22:00は完全予約制です>
定休日 不定休(土曜・日曜・祝日も診療しております)
代表者名 黒沼 隆

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kc3SET
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る