健康ニュース

健康ニュース詳細

若さと健康にスイッチON!②摂取カロリーの制限でスイッチON


「長寿遺伝子」のお話:第2回/摂取カロリーの制限でスイッチON/

 

私たちの身体に存在する
    「長寿遺伝子=サーチュイン遺伝子」
の素晴らしさを前回ご説明させていただきました。

 

老化を遅らせ寿命を延ばす「サーチュイン遺伝子」ですが残念なことに普段は眠っていて「働かない・スイッチOFF」なのです。

 

ではどのようにすると「サーチュイン遺伝子」のスイッチをONにできるのか?

 

その方法知りたいですよね?

<方法1>摂取カロリーの制限でスイッチON
ウイスコンシン大学リチャードワインドルック博士等の老化に関する研究で、「サーチュイン遺伝子」のスイッチをONにする方法として「摂取カロリーを30%制限する」と良いことが分かりました。

 

いわゆる腹八分目は、長生きの秘訣だったのです。

 

1日に必要なエネルギー量を計算し約30%の継続的なカロリー制限を行うことが必要なのです。

 

しかし、とても難しいことなのです。

 

当然なのですが、単にカロリー制限するのではなく必要な栄養素をバランス良く摂りながら行うのです。
そして、7週間以上経過した頃にやっと「サーチュイン遺伝子」のスイッチONになるとされています。

 

さらに「継続的」の意味は、なんと生涯に渡って行うことなのです。
生涯に渡って約30%の継続的なカロリー制限を行わねばならないのです。

 

残念なことに途中で止めてしまうと、「サーチュイン遺伝子」のスイッチがOFFになってしまうのです。

 

ダイエットのためにガンバッテも、まず続けられないカロリー制限。

 

難題です。
では、次に人間が考えることは何だと思いますか?

 

☆当院の紹介映像をご覧ください☆

 

オンラインでの予約(エキテン簡単予約)はこちらから・・・

くろぬま健康カイロ院

住所
〒192-0066
東京都八王子市本町14-6
アクセス
JR八王子駅北口より徒歩10分
いちょうホール前

TEL 080-4838-4301
診療時間 10:00~22:00<19:00~22:00は完全予約制です>
定休日 不定休(土曜・日曜・祝日も診療しております)
代表者名 黒沼 隆

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kc3SET
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る