健康ニュース

健康ニュース詳細

痛いは赤信号!身体が「いやがること」はしない!


くろぬま健康カイロ院・院長の黒沼 隆です。

 

本日の健康ニュースは、普段皆様が行っています体操やストレッチでの注意事項です。
ラジオ体操を毎日行っている方、継続して運動することはとても良いことです。
この習慣を続けてください。

 

さらに、追加してストレッチを行っている方「素晴らしい」です。

 

身体(筋肉)は、使ってやらないとスネテしまいます。
運動不足は、筋肉君がスネテ硬くなってしまうのです。
どうせ私(筋肉君のこと)使わないんでしょ的な感覚だと思います。

 

その結果、血流が悪くなり、リンパが滞り、痛みが出てくるんですね。
この状態で運動すると「右にひねると痛い」「左に向くと痛い」になる訳。

 

お分かりですか?

 

これらが、肩こり・首こり・腰痛の基になるのです。

 

そして、「右にひねると痛い」のに更にムリして「右にひねる」痛みを強化する。
痛い所を思いっきりストレッチする。

 

このようにすることで「楽になる」「痛みが和らぐ」とお考えでしょう。
いやいや残念!残念!
ダメダメな対処なんです。

 

身体は「痛いから止めて」とストップをかけているのです。
つまり「痛いは赤信号」なのです。
身体が「いやがること」はしない!

 

では、どうするのか?

 

例えば「右にひねると痛い」ときに「左にひねって」みてください。
「痛気持ち良い」「気持ち良い」感じがするのではないでしようか?
・「痛気持ち良い」=黄色信号。
・「気持ち良い」=青信号。

 

なので、この場合は「ゆっくり左にひねって痛気持ち良い」を追いかけます。
何回か繰り返して行ってください。
最後に「右にひねって」みてください。

 

なんと、痛かった右ひねりがスーとできるんです。
身体の不思議なところです。

 

何を言いたいか・・・・・・
・痛い方向にムリして動かさない
・痛くない方向を探して動かす
・「痛気持ち良い」「気持ち良い」感じがする方に動かす
このようにすることで、痛みを緩和することができるかもしれません。

 

「何しても痛い」場合は、我慢せず当院にご来院ください。

 

身体の不調「肩こり専門・首こり専門」当院にお任せください。
◎「骨盤矯正/調整(産後の方にお勧め)」も専門として対応しています。
健康で幸せな生活を送っていただきたいと・・・
心を込めて全力でサポートいたします。

 

☆当院の紹介映像をご覧ください☆

 

オンラインでの予約(エキテン簡単予約)はこちらから

なお、19:00~22:00は完全予約制となっております。

くろぬま健康カイロ院

住所
〒192-0066
東京都八王子市本町14-6
アクセス
JR八王子駅北口より徒歩10分
いちょうホール前

TEL 080-4838-4301
診療時間 10:00~22:00<19:00~22:00は完全予約制です>
定休日 不定休(土曜・日曜・祝日も診療しております)
代表者名 黒沼 隆

当院Facebookはこちら
http://on.fb.me/1Kc3SET
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る